高岡市で女性のための整体をお探しなら不妊治療専門の整体院 めぐりへ

不妊専門の整体院 めぐり


むくみとは?


の体は、心臓がポンプような働きをすることにより、体内に流れる血液が栄養や水分を運んでくれます。しかし、その働きがうまくいかず血液中の水分が血管やリンパ管の外にしみだして手足や皮膚の下にたまり流れの悪い状態になっていることをむくみと言います。

血液を流してくれる大事な役割をしてくれるのは心臓ですが、もうひとつ大事な役割をしてくれるものがあります。それは、足の筋肉です。muku.png

 血液は心臓から動脈を通って足まで送られ、静脈を通って心臓へと戻されます。その時に、人の体の一番下にある下肢へ血液が流れた時に足の筋肉が血液を戻すための役割をしてくれるわけです。
しかし、長時間立ちっぱなしあるいは座りっぱなしといったように筋肉を使わない状態が長く続くとポンプ作用が働かず静脈でうっ滞(むくみ)がおこるわけです。

むくみの原因

○座りっぱなし立ちっぱなしでで長時間同じ姿勢でいること。

筋肉がポンプの作用をしていないため働かず、重力で下がってきた血液がたまり流れていきません。

○水分塩分の取りすぎ

水分・塩分を取りすぎることにより血液中に水分が増えてしまい、それにより余分な水分がたまり細胞の浸透現象で水がしみ出てしまうためにむくみをおこします。

○冷え、血行不良

冷えは、血流が悪くなっている状態です。筋肉の疲れやストレスなどによる筋肉の緊張は結果的に血行不良を起こしむくみを起こしてしまいます。特にストレスによる冷えは、一気に体を冷やしてしまうといわれています。それが一時的なものであればまだ良いのですが、慢性的なものになると常に体が冷えた状態となり血流を妨げてしまい。むくみを脂肪にかえて太る原因の一つともいえます。

○運動不足を含む新陳代謝の低下

運動不足では、筋力が低下します。特にふくらはぎの筋力の低下は心臓に血液を戻すための大切な役割をしてくれます。また、運動不足による基礎代謝の低下で新陳代謝が悪くなり太りやすくなってしまいます。

○ビタミン・ミネラル・タンパク質不足

カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルや、ビタミンB1、タンパク質が不足するとむくみが出やすくなってしまいます。

○病気や薬の影響

心臓の動きが低下している場合や、腎臓病、薬の影響などでむくむ場合もあります。


 

不妊専門の整体院 めぐりのご案内

住      所:
〒939-0102
富山県高岡市福岡町三日市551-2
アクセス:
福岡駅から徒歩20分、車で5分
お問い合わせ・ご予約
0766-75-8433
受付時間:
午前 09:00~11:00
午後 15:00~20:00
定休日:
日曜・祝日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ