高岡市で女性のための整体をお探しなら不妊治療専門の整体院 めぐりへ

不妊専門の整体院 めぐり


AMHについて

AMH(抗ミューラー管ホルモン)とは

不妊治療を始める際にほとんどの医院ではAMHを測定します。


人の卵胞の成長過程には

原始卵胞 → 一時卵胞  →  二次卵胞  →  前胞状卵胞  →  胞状卵胞

といった成長をします。
AMHというのは、この過程の中で一時卵胞から胞状卵胞の顆粒膜細胞で作らせれるホルモンです。
原始卵胞は出生後増えることがないので、原始卵胞=残された卵子の数になります。

sikyu1.pngAMHを測ることで何が分かるかというと

AMHを測ることで
これから発育するであろう卵胞数の目安というのが分かります。

病院ではよく卵胞に刺激をあたえ沢山の卵を育てるということがあります。
AMHを測ることで、これからどれくらいの卵子が採れるかという目安となる数が分かります。

原始卵胞は、出生後に増えることはありませんので=現在残っている卵子の数ということになってしまいます。


AMHはあくまでも、原始卵胞以降の卵ですのでAMHが低いと言われる方は
原始卵胞からその周期に卵胞が育ってきていないというケースもあります。

AMHは増えることもあります

AMHというのはあくまでも一時卵胞から胞状卵胞の間のホルモン値です。
たとえば、原始卵胞からの育ちが悪い場合AMHの数値は低く出てしまうかもしれません。
また反対に原始卵胞からの育ちが良かった場合は、数値がよくなることも考えられます。
AMHの数値が高く出た時に線方刺激をかけるのは、チャンスかもしれません。

AMH=卵巣年齢ではありません。
前文にも書きましたように、AMHというのはその周期に育ってくるであろう卵胞の数の目安です。
卵巣年齢を表すものではありません。

先ほども書きましたが、出生とともに減っていくもので増えるものではないため、年月ととも減っていってしまいますが、AMHが低いからといって良い質の卵が育ってないということではないので、その周期を大切にし質の良い卵を育てていくことが大切だと婦人科整体めぐりでは考えています。

AMHが低いと言われて悩んでおられる方は、一度当院にご相談ください。



不妊専門の整体院 めぐりのご案内

住      所:
〒939-0102
富山県高岡市福岡町三日市551-2
アクセス:
福岡駅から徒歩20分、車で5分
お問い合わせ・ご予約
0766-75-8433
受付時間:
午前 09:00~11:00
午後 15:00~20:00
定休日:
日曜・祝日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ