高岡市で女性のための整体をお探しなら不妊治療専門の整体院 めぐりへ

不妊専門の整体院 めぐり


子宮内膜症と不妊

子宮内膜症と不妊の関係


なかなか妊娠しないな・・・
なんだか、生理痛がひどいような気がする
生理痛がひどくて、薬を飲まないと痛みを抑えられない
など、思っておられる方は多くいるのではないでしょうか?

下記のチェック項目をちょっと参考にしてみてください

○生理痛がひどく痛みどめを必ず使うfukutsu.png ○生理痛がひどく、日常生活にも影響が出てしまう
○生理の時に吐き気や頭痛がある
○少しずつ生理痛がひどくなっていっている気がする
○生理期間以外にも下腹部痛や腰痛がある
○便をする時に痛みがある
○性交痛がある
○なかなか妊娠しない

この項目に多くあてはまるものがあれば、一度病院の受診をお勧めします。


女性は、妊娠出産が可能な年齢となりその内の10人に1人が子宮内膜症の疑いがあると言われています。
子宮内膜症が、子宮の内膜以外で増殖する場合があります。
そういった場合は、生理痛が重くなったり不妊になったりする原因の一つになります。
初期段階では、あまり自覚症状がないこともありますが、子宮内膜症は、生理痛がひどく悩まされることがあり、また、子宮内膜が増殖する部位によっては、腰痛・排尿痛・排便痛・性交痛・血尿などといった症状がみられることがあります。

子宮以外の場所で作られ増殖した子宮内膜の細胞組織も、正常な子宮内膜と同じように月経周期によって剥がれ落ちます。しかし、体外に排出されず溜まっていき卵管を塞いでしまったり、子宮内膜の異常により着床障害がおこったりすると不妊につながると考えられます。

子宮内膜症でよくあるのが、チョコレート嚢胞です。
これは、卵巣で子宮内膜症が発症してしまう例です。
こういった場合は、病院では手術等を進められることがあります。



子宮内膜症というはエストロゲンが関係しています。
エストロゲン依存症の疾患なのでよく20~40歳代の女性に最も発症しやすいといわれていて、この時期に活発にエストロゲンが働くからです。

しかし、それだけが原因ではなく、
腹腔内に逆流する血液量の増加   早い初経   月経周期の短縮    過長、過多月経
などのリスクの原因が挙げられます。
若いうちから、これらの症状がある場合は子宮内膜症を発生リスクが高くなります。

発症しないように、普段から月経周期を整えておくなどのメンテナンスは大切です。

先にも、少し書きましたが
体外に排出されない血液は於血(古い血)となって骨盤内で溜まってしまうと、卵管を塞いだり着床障害を起こしたりし、癒着を起こしやすくなります。
癒着をして動きが悪くなると、血流も悪くなり子宮に届いてほしい血液の確保ができなくなってしまいます。

妊活をしている上で、血液は重要な要素となります。

子宮内症があるからといって妊娠できないわけではありません!

子宮内膜症があるからこそ、自分の体を見直してみるのも大事かもしれません。


不妊専門の整体院めぐりでは、
そういったお悩みを持っておられる方の為に、まずは子宮への血流を確保し、子宮がしっかりと動きやすい状態を作っていきます。そして、子宮への血流の確保をしていきます。
まずは、めぐりにご相談ください。
お力になれると思います。

不妊専門の整体院 めぐりのご案内

住      所:
〒939-0102
富山県高岡市福岡町三日市551-2
アクセス:
福岡駅から徒歩20分、車で5分
お問い合わせ・ご予約
0766-75-8433
受付時間:
午前 09:00~11:00
午後 15:00~20:00
定休日:
日曜・祝日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ