高岡市で女性のための整体をお探しなら不妊治療専門の整体院 めぐりへ

不妊専門の整体院 めぐり


妊娠に必要な糖質制限

体質を改善する為の糖質制限

糖質制限というと、ダイエットを思い出す人も少なくはないはずです。だれしも一度はダイエットしなきゃと思い立った人はいると思います。

みなさんは、どんなダイエットをしてきましたか?そのダイエット後リバウンドをしていませんか?ダイエットをしたことで生理不順をおこしていませんか?冷え性になっていませんか?

もちろん、ダイエットをして健康な体を取り戻すことはとても大切なことです。妊活においても、人によってはダイエットが必要な方もいます。

ただ、食事を抜くだとか、代替え商品にたよるだとか、サプリメントで栄養をとっているから、多少は食事を抜いても問題ないっていうのは、とても危険です。
suppliment_pill_diet.png






 

妊活において必要な栄養素

みなさんがよくお聞きになるのは葉酸だと思います。なので、葉酸を摂っておられる方は多いと思います。しかし、バランスの良い食事をとっていると以外にも葉酸は結構摂れているのです。

けれど、妊娠をしたい!赤ちゃんが欲しいと望むご夫婦には自分の体を見直してほしいです。今の自分は、胸を張って健康です!大丈夫何も問題ないです。
と、言いきれますか?「ストレスを抱えています」「なかなか疲れが取れないです」「いつも、頭痛や肩こりに悩まされています」
となると健康とは言えませんよね。

まず、生殖治療を始める前に見直していただきたいのは自分の体だということです。ここで、お勧めしたいのが糖質制限です。

糖質ってなに?

糖質と言うと砂糖をまずイメージすると思います。しかし、糖質は砂糖だけではありません。

日本の食材は、品種改良が進みほとんどの野菜は生で食べても甘みを感じるくらいになっています。他にも、米や小麦なども糖質になります。

糖質を絶ってしまうとエネルギーが回らなくなってしまうのではないか?と思われてしまう方がいるかもしれませんが、人間の体は糖質をエネルギーとして使う方法(ブドウ糖―グリコーゲン)脂質をエネルギーとして使う方法(脂肪酸ーケトン体)とあります。

脳は唯一のエネルギーとして糖質を使います。ここで使われる糖質は、脂質をエネルギーとして脂肪酸ーケトン体が使われます。

それは、しっかりとした結果もあり、その証拠に食後は2時間すぎるとブドウ糖は減少していきます。8時間すると肝臓で貯蔵していた糖質のグリコーゲンも枯渇していきます。しかし脳は寝ていても活動しています。その時に使われるのはケトン体となります。

糖質の取りすぎは血流を悪くする

ketska.png糖質を多く摂りすぎると、血液中の糖質が放出され血糖値が上がります。血糖は上がりすぎると血管をボロボロにしてしまうので、インスリンが(ホルモン)が分泌されます。

インスリンが放出されると血糖値は下がりますが、インスリンが分泌されることで全身の代謝が抑制されてしまいます。そして、血流が悪くなります。


血流を改善するにはどうしたらいいい?

血流の改善大切なことは2つあります。
  1. タンパク質・脂質を多く摂取する
  2. 炭水化物と糖質を減らす
food_basashi.png これだけですが、体は十分に変わります。そうすることで、体質改善になり妊娠への近道となります。

もともと人間は、狩猟をしていた生き物です。 お米などを作る前は狩猟をし肉や魚などで栄養を取り体の維持をしていました。肉を食べることで体温が上昇し、代謝が上がり、血流の改善が見込まれ、ホルモンが作られやすくなります。

妊娠を目指す方は、一度食事を見直してみましょう。肉食べてますか?食べていても、量はどうですか?

ダイエットのために食物繊維が大切私はベジタリアンです。という方もいるかもしれませんが、食物繊維ばかりではダイエットになりませんしエネルギーがたりませんね。妊活をして赤ちゃんを望むのであれば、一度考えてみてください。

不妊専門の整体院 めぐりのご案内

住      所:
〒939-0102
富山県高岡市福岡町三日市551-2
アクセス:
福岡駅から徒歩20分、車で5分
お問い合わせ・ご予約
0766-75-8433
受付時間:
午前 09:00~11:00
午後 15:00~20:00
定休日:
日曜・祝日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ